●2009年ふるさと渋谷フェスティバル(10月31日、11月1日)に出展しました●
 

  
ネットワークの地域猫活動を激励する桑原区長       
 

◎10月31日フェスタ1日目
 「今年もフェスティバル!」
 今年もおだやかな天候に恵まれ、渋谷区区民広場第32回ふるさと渋谷フェスティバルに参加しました。
区、保健所、地域猫活動を日ごろから応援していただいている多くの方々の期待に応え、
今年は渋谷区だけでなく都内の地域猫活動の現状を会報ならびに、パネルで展示しました。
 また、地域猫活動の理解を深めていただけるのではないかと思い、映画「犬と猫と人間と」などのポスターも展示しました。 なかでも、人気グループEXILEを起用した環境省の動物愛護ポスターがひときわ注目されたのか、10代、20代前半の方もブースに立ち寄っていただき、活動の広報ができました。
 またパネル展示や会報をの効果もあって渋谷区だけでなく新宿区など他区在住の方から地域猫への多くの質問や、相談を受けました。やはり地域猫のテーマは渋谷だけにとどまらず、今や都内全域の共通問題であることを改めて実感したしだいです。
 さらに、活動を応援していただいている区関係者、議員の方も激励に来ていただき、活動報告や同時に行ったチャリティーバザーの盛況ぶりに驚かれていました。
  そして、今年も真打ちは桑原渋谷区長です。
 ブース内を見学し、「がんばっていますね。これからも引き続きよろしく」との激励を下さりました。
 また、ポケットマネーで会員手作りの地域猫グッズを購入していただき、地域猫活動への寄付をいただきました。
 これからもご支援をよろしくお願いします。



◎11月1日 フェスタ2日目
 
 「区長 ネットワークを猛烈アピール!」
 2日目は晴れ間のなか、気温も上昇したものの、時折、突風が吹くという天候でした。
 そんな突風のなかを、なんと桑原区長が、1日目に引き続いて、2日目もネットワークのブースに足を運んでいただきました。突風に運ばれてきたのか、それも3度も。
 これにはネットワーク会員やボランティアもびっくり。周囲のフェスタ来場者や出展者からも注目され、ネットワークの地域猫活動が、大きな?話題となりました。
 桑原区長、2日間、ネットワークの活動推進にご協力、いただきありがとうございました。

(ネットワークの地域猫チャリティーグッズに興味深々の桑原区長)











「グッズは手作りです」
 桑原区長の目にとまった地域猫チャリティーグッズは、写真のようなものです。
 猫人形や、はがきなどすべて手作りです。作ったのは、会員以上にネットワークを支援してくださっている恵比寿の猫ボランティアグループの方たちです。なかなかの出来栄えでしょう。ポストカードのデザインも素敵ですね。
















「地域猫への理解は深まった!?」
 今年もネットワークのブースに多くの方々が来場していただき、ありがとうございました。チャリティーグッズの購入を通じて地域猫活動に参加していただいていた方、ありがとうございました。さらに、多くの寄付もいただきました。本当にありがとうございました。
 なにより、ネットワークの活動に関心を持っていただき、いろいろとご質問、相談していただいた方が多かったことも、励みになりました。
 「不妊去勢手術って、大変なんですね」という感想を頂いたり、「周りに猫の問題があるけど、自分ひとりではなかなかどうしようもなくってね」という声もありました。また、外国の方が地域猫の活動を示したネットワークのパネルに見入って、質問もされました。
 徐々に、地域猫への関心は高まっているのだなあ、と感じました。
 活動に参加することは難しくても地域猫活動を理解することから始めていただければ、渋谷だけでなく、東京の地域猫活動の成果も上がっていきます。
 これからもネットワーク、地域猫活動へのご支援をお願いします。
(ネットワークの活動や地域猫の説明に耳を傾ける来場者)