猫耳ブログ

渋谷 地域猫  SHIBUYA☆CATS

愛猫闘病記9 最後の3日間

calendar

暖かいマットを嫌がり、床の上に移動してしまう。


       
 ついに最後の3日間の話です。つらくてなかなか書けないでいたのですが、看取りから一年を経て気持ちも少し落ち着いてきましたので、なんとかまとめたいと思います。
 あめりかんは前回の最後のジャンプから3日後に亡くなりました。嘔吐で食べられなくなって一週間、毎日病院に通い点滴しましたが、新しい薬も効をそうさず、急速に体力がなくなりました。最後の3日間はほとんどぐったりとしていました。
 3/22、23、24とA病院に通いました。朝預けて、時間をかけて点滴と投薬をしてもらい、夕方迎えにいきました。
 23日の朝はベランダに飛び出しましたが、いつものような行動はこれが最後でした。
 時々、飲み水のボウルにあごを載せて、飲むでもなくじっとしていました。この理由が今でも分かりません。
 23日の夕方に連れ帰ったときは、点滴のおしっこが溜まっているはずですが、キャリーを開けてもしばらく出てきません。1時間ほどしてから、「わーお」とくもった声をあげて、やっと出てきました。先生に「体を温めるように」と言われていたので、あんかのマットの上に載せるのですが、いやがって床の上に移動してしまいます。
 24日に、病院で、再発を示すバフィーコート値が陽性であることを聞きました。体温も34度しかありませんでした。
 先生に聞きました。「温めようとしても嫌がり、熱いのが苦しいように思えます。どういう状態になったら楽にしてあげるべきですか」
 先生は、「(安楽死は)後戻りのできないことですから、よく考えないと。まだそれほど苦しみがひどいわけでもないと思います。元気になってもらうためには、嫌がっても温めないと」。肥満細胞腫の新しい薬も試すことになり、翌日曜は病院が休みなので、飲み薬を6種類もらいました。
 しかしその日は家に帰っても、もう自分からキャリーの外へ出る体力はありませんでした。キャリーから抱き上げ、トイレの上に連れていくと、律儀にも砂を何度かかき、おしっこしました。しかし、自力で立ち上がることはできませんじた。
 暖かいマットの上に寝かせると、やはり「ウオンウオン」と鳴き、もがいて床の上にはっていきます。どうしても本人は冷たくしてほしいと望んでおり、もう無理させたくありませんでした。
 朝、起きていくと、静かに寝ていたあめりかんが、驚くほど大きな腹の底から押し出すような声で「ウオーン、ウオーン」と鳴きはじめました。これまでそんな声は聞いたことがなかったので、驚いて懸命に背中をさすりました。やがて少しずつ鳴くのが収まりました。
 それでも私が離れて5分もすると、また「ウオンウオン」と鳴くので、横に行ってなでる、ということを3、4回繰り返しました。
体がもう動けないので鳴くしかなかったのか、どこか痛いのか、苦しいのか、甘えているのか、分かりませんでした。
 するとやがて首をまっすぐに長く伸ばして、「はあーっ!」と息をしたのです。愕然としました。猫が命を終えるときにする深い呼吸とは、このことだったのかと。
 深い呼吸の間隔は、よく覚えていないのですがかなり長かったと思います。息が止まってしまったのかと思うと、また「はっ、はあーっ!」と、目を見開き、口を大きく開けて、水中から水面に上がってきたような呼吸をします。私はただなでながら見守るしかありませんでした。
 30分以上たったでしょうか。いつしか深い呼吸はしなくなっていました。あめりかんを抱っこしました。すると、その体は私の知っていた猫とはまったく違うものに変わっていて、腕から力なく滑り落ちました。その時、この愛しい体にはもう命がないことを知ったのです。

この記事をシェアする

コメント

  • うちの実家の猫は、おそらく老衰だったと思います。獣医さんには何度か往診に来て貰いましたが、病院での検査などはしなかったため、はっきりしたことは分かりませんが。
    命とは温かさ、ぬくもりだったと今になって思います。私が駆けつけた時にはもう冷たく、かたくなっていました。今でも猫の毛が出てくることがあり、甘えっこで人懐こかったあの子を思い出します。

    by ねこのこ 2019-05-07 12:59 PM

    • ふくちゃんさん、愛猫さんが昨日亡くなったしまったとのこと、とてもつらかったですね。今は悲しみでどうしたらいいかわからない状態だと思います。
      でも猫ちゃんは最後までがんばったんですね。
      飼い主さんとしても、最善のことをしてあげたのではないでしょうか。
      私も亡くなった愛猫の愛しい姿を火葬にするのが辛くて悩みましたが、家族の都合などで2日後に行いました。火葬までの3日間はつらくて泣いていましたが、小さな骨壷になったあめりかんを抱いた時、不思議に心が落ち着きました。やはり葬儀は心の区切りになるのだと思いました。
      友人と話して笑えるようになったのは一週間後くらいでした。
      ただ愛猫の最期を動画にとっていたので、一ヶ月くらいはそれを見続けていました。今でもそれを見ると涙が出ます。
      かわいがった猫はどんな別れ方でもつらいと思いますが、最期を看取ってあげられたことだけは良かったと思っています。
      ふくちゃんさん、愛猫との別れは心ゆくまで時間をかけていいと思います。
      おつらいなかコメントありがとうございました。

      by nekomimist 2019-05-20 11:57 AM

  • 昨日我が家の愛猫が亡くなりました。肥満細胞腫内蔵型の全くあめりかんと同じ病気でした。こちらのブログも参考にさせていただしましたが、私の行動と判断が遅かったため、脾臓摘出4週間で息を引き取りました。何回も何件もの病院を渡り歩き、その時その時の最善を尽くしたつもりでいましたが、結局助けることができませんでした。病名も経過も最後の3日間もあめりかんと同じような経過で、とても人ごととは思えません。まだ亡くなったのが昨日と言うこともあり、心の整理がつきません。どうやってこの喪失感を乗り越えればいいのでしょうか?一年経ってもまだお辛いとありますが、病気で亡くしたと言うことが大きいのでしょうね。後悔は残ります。一生忘れることはありません。

    by ふくちゃん 2019-05-20 9:58 AM

down コメントを残す