猫耳ブログ

渋谷 地域猫  SHIBUYA☆CATS

愛猫闘病記6 肥満細胞腫再発? 何度も吐き、ついには緑の胆汁が・・

calendar

膝の上で気持ちよく眠る あめりかん

愛猫闘病記6
肥満細胞腫再発? 何度も吐き、ついには緑の胆汁が・・

 8月の脾臓摘出以後、元気に暮らしていたあめりかんでしたが、毎日のように食べたものを吐き、次第にやせてきたことが気がかりでした。
加えて寒がりになり、秋も深まると、ストーブの前のソファで寝ていても「クシュ!」と、くしゃみをするようになりました。また手術か何かの影響か、時折右目のあたりがピクッと痙攣することもありました。
 それでも食欲はあり、毛づやも良く、活動的でしたので、経過は良好だと感じていました。
 ところが11月末の休日、異変が起こりました。朝食べたフードを吐き、その後も2度吐きました。その後はソファでくつろいでいたので、もう吐かないだろうと思ったら、水を吐き、夜中になって緑の液体を吐きました。鮮やかな緑で、これがよく聞く胆汁の嘔吐かと驚き、心配になりました。
 この日P病院は休診だったので、翌朝連れていくつもりでしたが、あめりかんはさらに再び胆汁を吐きました。
 そこでついに、P病院に聞いていた夜間訪問診療医に電話しました。I先生という女性のドクターが出られて、訪問診療は基本3万5千円ですが、「ご相談だけでもいいですよ」ということなので、症状を伝えました。先生は「今は水を飲んでも吐く状態なので、水を飲ませず、温かくして休ませて下さい。脱水症状が心配ですが、朝病院で薬と点滴を受ければ大丈夫でしょう」と言ってくださいました。(この場を借りて 適切なアドバイスを感謝いたします。)
 翌朝、P病院に連れていき、点滴と制吐剤を打ってもらいました。とにかく肥満細胞腫の再発が心配だったので、通常の血液検査に加え再発を調べるバフィーコート値の検査もしてもらいましたが、異常はないとのこと。ほっと胸をなでおろしました。
しかし毎日のように吐く原因については分からず、「大きな病院でCTや胃カメラなどで調べることもできますが・・」とのこと。しかし化学療法をしないのと同様、高度医療施設で検査するのも気が進みませんでした。
 「ではまた、何か症状が出たら連れてきて下さい」
 病院から帰ってきたあめりかんは、吐き疲れたのか、あるいは薬の影響か、ぐったりしてソファで寝込んでしまいました。その様子はこれまでにないほど弱々しく、このまま起き上がらないのではないかと不安になるほどでした。
 しかし翌日の夕方、身軽な様子で立ち上がり、いつもの甘えた顔で「フガー」とごはんをねだりにきました。

 12月になり仕事も一段落したので、猫の首輪を手作りしました。ベランダやテラスに出るのが大好きなあめりかんには、リードをつなぐ首輪は必要不可欠でした。しかし既成品のように金具のついたものではなく、細い紐だけのなるべく軽いものがいいと思ったのです。
 100円ショップの材料で試行錯誤し、やや微妙な出来ばえでしたが、あめりかんはまずまず気に入ってくれたようで、相棒のわね子とおそろいにしました。飼い主からのささやかなクリスマスプレゼントでした。
(続く)

この記事をシェアする

コメント

  • あめりかん、術後は良好だと思っていたのに・・・驚きました。うちの実家の子も15歳で、たびたび嘔吐します。でも、まさか緑の胆汁を吐いてしまうとは。どれほどご心配なさったかと思うと、胸がふさがります。
    ちなみに、猫にとっては夏と冬、どちらがツライのでしょうね。個体差もあるのでしょうが。最近は暑さ・寒さや気温差が大きく、人間でもこたえますよね。

    by ねこのこ 2018-12-26 3:11 PM

    •  コメントありがとうございます。本当に、深夜の異変でオロオロしましたが、獣医さんに電話相談できて本当に助かりました。
       
      うちの猫の場合は、2歳のとき膀胱炎になったのも、肥満細胞腫が見つかったのも夏でした。
      でも病後の体には明らかに冬の寒さがこたえたようでした。飲み水も、熱めのお湯を好んでガブガブ飲むようになり、猫舌のくせに大丈夫かなと思いました。
       他の高齢猫も夏・冬ともに体調を崩しやすいように見えます。人間と同じかもしれません。

      by nekomimist 2018-12-28 1:04 AM

  • 猫も人間も同じ生きもの。夏や冬は体調を崩しやすいのかもしれませんね。そう思うと、余計にいとおしいような気もいたします。
    それにしても飲み水にお湯とは・・・思い付きませんでした!固定観念というか何というか、全く考えたこともなかったです。反省。人間だって冬は温かい飲み物がほしくなりますもんね。今度、実家で試してみようと思います。
    ありがとうございました。

    by ねこのこ 2019-01-21 2:56 PM

  • こんにちは
    先週、うちの猫がなくなりました。年末にレンタルした酸素ハウスに入ってから、一度はおなかの腫瘍が小さくなり、食事も睡眠もとれるようになりほっとしましたが、急変してしまい、眠るように静かにいってしまいました。介護は大変でしたが、ゆっくりお別れの時間をとってくれたのだと思っています。猫には感謝でいっぱいです。こちらのブログにもほんとうに助けていただきました。ありがとうございました。

    by モナ 2019-01-21 4:32 PM

    • そうでしたか・・悲しみの中、ご連絡ありがとうございました。
      残念でしたが、飼い主さんもできる限りの治療をし、猫ちゃんもがんばってくれたと思います。
      ペットを飼うことは、看取ることといいます。
      モナさんも飼い主さんの役目を立派に果たされました。
      明日からの日々を、猫ちゃんもきっと天国から見守ってくれると思います。
      また何かありましたら、ご連絡くださいね。

      by nekomimist 2019-01-22 12:18 AM

down コメントを残す