猫耳ブログ

渋谷 地域猫  SHIBUYA☆CATS

愛猫闘病記8 制吐剤効かず食べられず それでも最後のジャンプを見せた

calendar

reload

昨年3月20日、制吐剤で落ち着いたあめりかん

今年の3月は暖かいですね。
昨年2018年は寒かったですが、3月になると少しずつ気温が緩み、春の気配が感じられるようになりました。
あめりかんは背中をなでると、ごつごつした背骨が手に当たるようになっていました。しっぽの太さも若い頃の半分ほど。それでも毛並みはつやつやして、吐きながらも食欲があり元気でした。
しかし今までにない小さな異変が起こってきました。
3月9日の朝は驚きました。あめりかんと一緒に寝ている相棒のハチワレわね子が、三毛猫になっている! と思ったら、あめりかんの吐いたものがわね子の頭について固まっていたのでした。いつも仲良くくっついて寝ているとはいえ、こんな吐き方をするなんて・・。わね子はのんびりした性格なので、全然気にしていないようでしたが・・。
13日には、またしても茶色いものをたくさん吐き、下痢し、数日軟便が続きました。下痢・軟便は初めてでした。

最後のジャンプのあと、しばらく動けなくなった

19日の月曜の朝、たくさん泡を吐き、床がビショジョになりました。
しかし泡を吐くのは3度目だったので、今度も病院で制吐剤と点滴を打ってもらえば治ると思い、かかりつけのP病院ではなく、家から徒歩7分でいけるA病院の予約を取りました。P病院は信頼していましたが、車で十分ほどかかり、予約制ではないので1時間以上待つことも多く、待合室にはワンちゃんも多いので、あめりかんのストレスを考えたのです。
一方、A病院は、動物専門学校に併設された病院で、あめりかんを拾ったとき最初に診てもらい、その後も膀胱炎で通ったことがありました。
幸い午前中に予約が取れ、P病院のカルテを持参して院長に説明しました。動物看護師の学生二人も部屋でじっと聞いていました。抗がん剤治療はしなかったこと、症状がでたら緩和的治療をしたいと思っていること。そして、簡単な血液検査をし、制吐剤と点滴をお願いしました。
体重をはかると、3・5キロでした。以前よりだいぶ減っていることにドキリとしました。
飲み薬をもらい、次の日にはあめりかんは元気になり、ウエットフードも少し食べました。2日後は春分の日でしたが、雪が降る寒さでした。夕方、ストーブの前に座っていたあめりかんが、また泡を吐きだしました。今回は薬が効かない。3日後は木曜でP病院は休診なので、やはりA病院に朝一で予約を取り連れていきました。
エコーで見てもらうと腸がほとんど動いていないとのこと。血液検査では、もうあちこちが異常値でした。とにかく活力が必要なのでステロイドを勧められ、試すことにしました。夕方まで静脈に時間をかけて点滴してもらうことになりました。
夕方に迎えに行き、家に帰ったあめりかんは、まだ口の中に泡がモゴモゴして苦しそうでした。それなのに、突然キッチンカウンターにジャンプしました。自分を元気づけたかつたのでしょうか。
でも下に降りると、苦しかったのかしばらくじっと動きませんでした。
これがあめりかんの最後のジャンプになりました。

この記事をシェアする

コメント

  • はじめまして、あめりかんは幸せな人生?を送れましたよね、ブログを今見つけて唯唯涙です。今うちは9歳の茶とらと6歳の黒がいます。二人のように家も常に寄り添い寝ています。実は茶とらが今日血液検査のため受診したのですが、結果異常無し、でひと安心したところ、口の横に出来てたお出来が大きくなってきており肥満細胞腫の可能性がある、早めの病理検査と切除術を勧められました。今なら健康状態も良いので今のうちに、と私も思いました。飼い主は最善を尽くしてこの子を守りたいと思ってもこの子はさそれを望んでるだろうか?手術は上手くいくんだろうか、痛いだろうな、苦しみはしないだろうか、今元気なのにストレスで悪化しないだろうか、色々不安が頭から離れません。でもあめりかんの闘病をみて今、目に出来た事に感謝です。ありがとう。よく頑張ったね、あめりかんも飼い主さんも。今この段階で取り除くことで少しでも救われるならと思えます。私も以前看取りました。同じような状況を経験しています。苦しむ姿を見てるのも辛いですよね。だからこそ最善は何かをスッゴく悩んでしまいます。

    by ペコ 2019-10-08 7:37 PM | 返信 |

    • 茶とらのペコさん
      コメントありがとうございます。

       突然獣医さんから手術の提案を受け、不安や心配が大きいことと思います。でも早い段階で病気を見つけられたのは日頃のケアのおかげです。素晴らしい飼い主さんですし、仲良しの黒猫ちゃんもいて、茶トラさんは幸せな猫人生をおくっていると思います。
       一般的に肥満細胞腫は体表面にできる場合は、良性のことも多いと聞きました。手術は猫でも人でも痛い思いをしますが、若くて体力があれば回復できます。うちのあめりかんも手術して再びジャンプができるようになり、とても幸せそうでした。獣医さんとよく相談して納得のいく治療を選んでいただければ、きっとうまくいくと思います。

      by nekomimist 2019-10-09 2:26 PM | 返信 |

  • 嘔吐、下痢、食欲不振・・・うちの実家の猫もそうでした。そして、この3月に旅立ってしまいました。一緒に暮らした時期はそれほど長かったワケではないけれど、やはりショックは大きかったです。しばらく猫にまつわるものを見るのもつらく、こちらに訪れませんでした。
    あめりかん、最後のジャンプを飼い主さんに見てもらえて、よかったね。続きをお待ちしています。

    by ねこのこ 2019-04-19 3:38 PM | 返信 |

    • 3月に旅立たたれ、おつらいなかコメントありがとうございます。ご病気だったのでしょうか? 私も1年経っても悲しいままです。なかなか、続きが書けませんが、近々、アップできると思います。ペットロスからの立ち直りは時間がかかりますが、愛猫の元気の姿を思い出し、徐々に元気を取り戻してください。

      by nekomimist 2019-04-22 8:05 PM | 返信 |

down コメントを残す