猫耳ブログ

渋谷 地域猫  SHIBUYA☆CATS

愛猫闘病記5 ジャンプ復活

calendar

reload

お出迎えジャンプ復活
2、3歳若返り!?

元気に遊ぶようになったあめりかん

術後3週間もすると、あめりかんの顔に、以前のような「甘えっ子」「いたずらっ子」の表情がもどってきました。相棒「わね子」との追いかけっこやプロレスごっこも再開しました。夜「寝なさい」とハウスに連れていこうとしても、人の手をすり抜けて逃げ回ります。一番驚いたのが、ジャンプ力の復活です。
小さい頃からジャンプは得意で、人の背中や肩にも上ってきました。しかしここ数年は高い場所へのジャンプを自重するようになってきました。年のせいだと思っていましたが、肥大した脾臓が重くて飛べなかったのでしょう。その証拠に、術後は再び軽々とジャンプするようになりました。
特にうれしかったのは、お出迎えジャンプ。私が帰宅すると、ダダダーッと階段を降りてきて、90㌢ほどの高さの玄関の靴箱の上にピョーンと飛びって出迎えてくれるのです。
数年前は、このお出迎えジャンプも「どっこらしょ」という感じで上っていました。それが今や羽生結弦選手の4回転サルコーのように、ふわりと着地。
「あめりかん、余裕があります! 加点が付きそうなジャンプです!」と毎日感動していました。
しかしその一方、食べ物を吐く状態は納まりませんでした。朝、ハウスに敷いたマットには、いつも茶色い液体状のものを吐いていました。ときには飲んだ水を床一面に吐いていることもありました。
それでも食欲は常に旺盛だったので、体重が増え体力がつくように、高栄養のフードをあれこれ与えました。このまま転移もなく、数年くらいは元気でいてくれるのではと期待していたのです。
しかし、手術から3カ月後の11月下旬、再びひどい嘔吐に襲われました。
(続く)

この記事をシェアする

コメント

  • ご連絡ありがとうございます。
    リンパ腫だったんですね。うちの猫も最初はリンパ腫かもしれないといわれていました。
    リンパ腫には抗がん剤治療が有効と聞いています。
    知っている猫ちゃんも悪性リンパ腫でしたが抗がん剤治療を受け、ヒゲが抜けるなどの副作用がありましたが、回復して、その後元気で過ごしました。
    モナさんの猫ちゃんもきっと大丈夫です!  

    by nekomimist 2018-12-22 12:45 AM | 返信 |

  • こんにちは。
    お返事をありがとうございました。飼い主のことまでご心配いただいてうれしかったです。
    脾臓の手術を控えていると書いた猫ですが、検査の結果リンパ腫であることがわかり、昨日から点滴と注射による抗がん剤治療が始まりました。薬と一緒に栄養の点滴を受けて、少し元気になっています。副作用も心配ですが、少しでも活力を取り戻してほしくて治療を選びました。
    腫瘍が消えてくれることを願って、今日も病院へ行ってきます。

    by モナ 2018-12-21 6:59 AM | 返信 |

  • はじめまして。
    うちの猫(15歳メス)もエコー検査で脾臓に腫れがあると言われ、手術を控えているところです。若いころは体重も4キロありましたが、食欲不振と嘔吐で2キロまで落ちてしまいました。
    化学療法、うちの猫も薬は飲めないので、すすめられてもできないかと思います。嘔吐物の密閉処理も、一般家庭では難しいと思います。全く知らなかったのでとても勉強になりました。
    闘病記がとても参考になります。お辛いかと思いますが、また続きを読ませてください。

    by モナ 2018-11-29 11:15 AM | 返信 |

    • コメントありがとうございます。
      2キロまで減ってしまったとのこと、とてもご心配のことと思います。
      でも手術が成功すれば、きっとまた元気な姿を見せてくれると思います。
      飼い主さんもなかなか食欲がでないと思いますが、栄養のあるものを摂って体力をつけてくださいね。
      投薬もいろいろだと思いますので、愛猫さんに合う方法が見つかればいいですね。
      では成功をお祈りしております。
      また何かありましたらメールください。

      by nekomimist 2018-11-29 2:31 PM | 返信 |

down コメントを残す